【水商売の基本】お酒の作り方&飲み方

白いドレスの水商売の女性

グッジョブWOMEN編集部の滝川可憐です♪

今回は水商売の基本中の基本ともいうべき、お酒の作り方や呼び方、それから飲み方なんかを書いていきますね♪
キャバクラやガールズバーで働く予定のある女の子は、絶対に読んでおいてね。

【1】ストレート

ストレート

【意味】お酒を原液のまま飲むこと
【グラス】ストレートグラス or ショットグラス
【割る順番】なし
【アルコール度数】★★★★★

ストレートはフツー、原液のまま常温で飲むことを指すわ。
ストレートグラス・ショットグラスというのは、ひと口で飲み終わるような小さなグラスのことね。

わかってると思うけど、ビール・ワイン・日本酒はみんな殆どストレートで飲むわ。
水商売でよくあるのが景気付けのテキーラのショット(ストレート)だけど、これはかなり強いから、お酒が弱い子は注意したほうがいいかもね…。

【2】ロック(オン・ザ・ロック)

ロック(オンザロック)

【意味】お酒に氷だけを入れて飲むこと
【グラス】ロックグラス
【割る順番】氷→酒
【アルコール度数】★★★★☆

ロックっていうのは、酒と氷だけで飲む飲み方ね。
高給クラブみたいな高いお店だと、ロックアイスっていう氷山みたいな氷で割ることが多いわ。
もちろん、氷も有料でアイスペール1杯で1000~2000円位はするわ。

焼酎とかウイスキーとかは、ロックで飲む人が多いかも。
ちなみに、お酒を入れる量は以下のように指の本数であらわすわ。

・シングル→指1本分のお酒を入れること
・ダブル →指2本分のお酒を入れること
・トリプル→指3本分のお酒を入れること

シングルであれば、まずは氷を入れて、その後に指1本分のお酒を注げば完成ってわけ。
何も言われなければ、上の写真のようにグラスの半分ぐらい注いでおけばOKよ。

【3】水割り

水割り

【意味】お酒に氷を入れて、水で割って飲むこと
【グラス】普通のゲストグラス
【割る順番】氷→酒→水
【アルコール度数】★★★☆☆

水割りはその言葉通り、水で割って飲むことね。
水は「ミネラルウォーターの軟水」を使うとおいしくできるから覚えておいてね。

「お茶割り」や「各種ジュース割り」なんかも、これとまったく同じ要領で作るわ。
お酒を入れる割合は、その都度お客さんに聞くのがマナーね。

それから普通は、お酒が半分弱になったら足すのだけど、お客さんから「飲みきりでいいよ」とか言われたら、お酒が完全になくなってから作るようにしてね。
足し作りしてると、濃さがどんどん変わっていっちゃうから、けっこう嫌がる人がいるのよね。

【4】お湯割り

お湯割り

【意味】お酒をお湯で割って飲むこと
【グラス】HOTドリンク用の取っ手付きのグラス
【割る順番】お湯→焼酎
【アルコール度数】★★★☆☆

文字通り、お湯で割って飲むのがお湯割りね。
お湯割りだけは、先に割物(お湯)を入れて、後からお酒を注ぐわ。

先にお湯を入れるのは、グラスを温めるためだって言われてるわね。
あまり混ぜすぎると「風味が飛ぶ」とか言って嫌うお客さんがいるから注意してね。

焼酎とかは、お湯割りにして梅干を入れて飲む人が多いかも。
割合だけど、あまり焼酎を多くすると生ぬるくなるから半々か、お湯を6~7割程度入れるのが普通ね。

【5】ソーダ割り

ソーダ割り

【意味】お酒をソーダ(炭酸水)で割って飲むこと
【グラス】普通のゲストグラス
【割る順番】氷→酒→ソーダ
【アルコール度数】★★☆☆☆

割る順番は水割りと同じ。
というか、基本的にはどのお酒も
氷→酒→割物
の順番で入れるって覚えておけば間違いないわ。

焼酎の場合は、
焼酎1:ソーダ3~4
が黄金比って言われてるわ。

呼び方だけど、焼酎をソーダで割ったものが「チューハイ」、ウイスキーをソーダで割ったものを「ハイボール」っていうから覚えておいてね。

まとめ

とこんな感じ。
とりあえず、女の子が作らなきゃいけないお酒は上の5つくらいだから、これさえ覚えておけば大丈夫だと思うわ。

難しいカクテルとかは、だいたいボーイさんとかが作ってくれるから覚えなくても平気。
それじゃまたね。


★高額求人サイトランキングはコチラ