風俗嬢は1日何人のお客を相手にするの?

白いドレスの女性が手に赤井バラを持っている

グッジョブWOMEN編集部の神村安治です。

一口に風俗といっても、ピンサロからソープまで色々あります。
求人サイトなどでは調子のいい事を書いていたりしますが、ここではぶっちゃけ風俗嬢は1日に何人のお客を接客するのか?(本数)ということについて解説していきたいと思います。

多い順にご紹介したいと思います。
(1日8時間勤務で計算)

【1位】ピンサロ(ピンクサロン)

■1日の平均接客人数:10~15人
■仕事内容:ゴムフェラのみ

全ての風俗産業の中で最も接客人数が多いのが、このピンサロになります。
そもそもフリーで入るお客が多く、かつ料金が安価なので、どうしても数をこなす必要性が出てきます。

「花びら回転」といって、1人のお客に入れ替わり立ち代り3人くらいの女の子がつくシステムになっている店もあるので、どうしてもこのくらいの接客人数なってしまいます。
勤務はハードですが、時給が出るので、指名をまったく取れなくても給料は発生します。

【2位】ハコヘル(店舗型ヘルス)

■1日の平均接客人数:8~10人
■仕事内容:口や素股での射精

店舗型のヘルスの場合、サラリーマン等が仕事をサボって来る事が多いので、どの店でも30分~40分程度のショートコースが人気です。
なので、このくらいの本数になります。

本数が多くなるということは、それだけシャワーなどの回数も増えるので体力的にはキツクなるのですが、店舗型ヘルスというのは、ほぼ確実に客入りがいいので、入店することさえできれば確実に高収入になります。
(デリヘルやピンサロと違って、新規オープンできないため)

【3位】ホテヘル(ホテルヘルス)

■1日の平均接客人数:4~6人
■仕事内容:口や素股での射精

受付所があって、近所の提携ホテルで接客をするようなホテヘルやイメクラの場合は、店舗型と比べるとロングで入るお客さんが多くなります。
ホテルの最小滞在時間がだいたい2時間なので、どうせなら長めに遊ぼうという人が増えるのでしょう。

また、SMクラブやイメクラなど、コアな業種になればなるほど、ロングで入るお客が多くなります。
HPを見てみると分かるのですが、だいたい6時間とか8時間とかのロングコースが用意されていて、そこそこ人気があります。

【4位】デリヘル(デリバリーヘルス)

■1日の平均接客人数:4~5人
■仕事内容:口や素股での射精

自宅に呼んで恋人気分を味わう客、酔っ払って延長を繰り返す客、オールナイトで入る客などがいるので、本数が少なくなります。
そもそもデリヘルの場合は車での移動時間があるので、8時間勤務だと多くても5人くらいになります。

一時期は「拘束時間が長い割には稼げない」と違う業種に移る嬢が多かったのですが、これにが歯止めをかけたのが最近流行りの「高級デリヘル」です。
「元RQ」「元CA」「芸能人の卵」「元看護師」などの付加価値を付け、単価を普通のデリヘルの2~3倍に設定しているので、採用さえされれば非常に稼げると思います。

【5位】ソープランド

1日の平均接客人数:2~3人
仕事内容:本番あり

高級ソープの場合は、1人あたりの接客時間が100~120分と長めになります。
そして、接客が終わるとだいたい30分程度の休憩&準備時間が与えられますので、8時間勤務だとMAXでも3本になります。

大衆ソープだと1人当たりの接客時間は60~80分程度です。
休憩時間を考慮すると、8時間勤務だと多くても5人くらいになります。

まとめ

こうして見ると、給料の安い風俗ほど、多くの客数をこなさなければいけない…ということになります。

「給料が安いクセに客数が多いの?」
とツッコミたくなる気持ちはわかりますが、まあそうなっているのだから仕方がありません。

特筆すべきは、ピンサロなどの安価な風俗ほどフリーで入るお客が多いので、女の子は数をこなさなければならない分、収入は安定するということです。

反対にソープランドなどの長時間に渡って濃厚なサービスが求められる業種は、指名するお客が多いので、女の子によって給料の開きは大きくなります。

1年で家を買えるほどの金額を稼ぎだす子もいれば、あんまり稼げない子もいるのが実情といえます。


★高額求人サイトランキングはコチラ