風俗店の混む日時(曜日・時間帯・季節)を教えちゃいます

青いワンピースを来た美しい女性

グッジョブWOMEN編集部の神村安治です。
今回は風俗店の客入りが良い日時&悪い日時をコッソリと紹介したいと思います。

どうせ働くのであれば、稼げる時がいいに決まっています。
長年、風俗店の店長をしてきたこの私が、責任を持って説明させていただきます。
現役風俗嬢はもちろん、今後働く予定のある子は、覚えておいて損はないと思います。

確実に混む時(^_^)

【1】三連休の最終日

旅行やレジャーというのは、三連休の最初の方で行くことが多いです。
最後の日は、明日に備えてゆっくりしたいという思いがあるのでしょう。

三連休の最初の二日間で家族サービスを果たしたお父さんは、連休最終日にようやく家族から開放されます。
このため、三連休の最終日はどこの風俗店も、ほぼ確実に混み合います。

【2】大雨&台風

建築業、土木業、観光業、電気工事関係、イベント関係などの仕事は、大雨だと仕事が休みになる事が多く、何割かは風俗に流れてくれます。
また、悪天候の時はお店が「雨の日割引」などのキャンペーンをする事も多く、それにつられてお客が足を運んでくれます。

また雨の日は、本指名客が増えることで知られています。
暇な日に来れば女の子に感謝されるので、それを狙って常連客が足を運ぶのです。

【3】お盆&年末年始&GWは最高に混む

風俗店が最も混むのは、やはり何と言っても、お盆&年末年始&GWです。
お盆は帰省した地元で、年末年始は「姫納め・姫始め」という事で、普段風俗店に行かない男性でも来店します。
GW(ゴールデンウィーク)に関しては、説明するまでもないでしょう。

この時期は、どのお店も朝から晩まで、全ての嬢がフル稼働になります。
オープンラストで入れば、どのお店でも10万円以上は確実に稼ぎ出す事ができると思います。

【4】デリヘルは夜中が狙い目

普通の風俗は、夜の12時までしか営業できないので、夜中はデリヘルの独壇場になります。
しかもお店によっては、夜中のバック率を少し高めに設定しているところもあるので、可能であれば夜中に出勤した方が得です。

最近のデリヘルはオールナイトコース(お泊りコース)があるところも多いです。
そういうコースで入ってくれる太客を何人かつかめば、殆ど寝てるだけで高収入を得ることができます。

【5】1・4・5・7・8・12月は混む

風俗店の繁忙期・閑散期は以下です。
理由は、説明しなくてもなんとなく分かると思うので割愛します。

繁忙期→1月・4月・5月・7月・8月・12月
閑散期→2月・3月・6月・9月・10月・11月

念のため言っておきますが、土日はいつでも混みます。
ただし、日曜日の夜は、比較的ヒマになります。
(みんな週初めに備えてゆっくりしたいのでしょう)

【6】女の子の出勤が多い日

女の子が少ない日を狙って出勤して稼げたのは、インターネットがはじまる前の話です。
今はどのお客も、色んなお店のホームページを見て、自分好みの子が多く出勤していそうな店から順番に写真見学に行くので、そういう店にいれば多くの写真指名を獲得する事ができます。

部屋が足りないほど多くの女の子が出勤するというのなら話は別ですが、普通は女の子の出勤が多い日に出勤した方が稼げます。
また、人気嬢と同じ日に出勤すれば、「その子目当てで来たが入れなかった」という客の、言い方は悪いですが「おこぼれ」を貰うことができます。

あまり混まない時(T_T)

【1】女の子の出勤が少ない日

理由は上記の「【6】女の子の出勤が多い日」で説明した通りです。
女の子の出勤が少ないと1人あたりの接客人数が多くなる気がしますが、今はどのお客も店のHPを見てから来るので、出勤人数の少ない日は写真見学に来る客自体がグッと減るため、稼げません。

ただ最近では、どの店もそういう日はキャンペーンをしたり、空出勤(出勤していない嬢を出勤しているかのようにHPに載せる)させたりしてるので、あまり関係がない場合もあります。

【2】木曜日・金曜日の昼間

月~水は、この曜日を定休日としている業種が多くあるのですが「木曜定休」「金曜定休」というお店は殆どありません。
そこまで極端ではないのですが、統計をとってみると「木曜日と金曜日の昼間は他曜日に比べて1~2割ほど売上が少ない」という結果が出ました。

特に金曜日は昼間は極端にヒマで、夜は極端に忙しいという、時間差で客入りが非常に激しい曜日となっています。
花金の夜は、どこの風俗店も激混みするのですが、酔っぱらいが多いという難点もあります。
(酔っぱらいが苦手な人は、予めお店にNGだと伝えておきましょう)

【3】給料日後は、混むとは限らない

昔は、どのお店も給料日後(毎月25日すぎ)は混みました。
しかし、最近ではむしろ空いている時もあります。

この理由は2つ。
1つ目は、給料日後は混むというのが有名になったため、それを避ける人が増えてきたこと。
2つ目は、世間の給料日が25日ではなく、色々な日に分散されてきたことです。

【4】キャンペーンの次の日

お店によっては「毎月1がつく日は3千円引き」などのキャンペーンをやっているところがあります。
その付近にヌキたいと思った人は、当然キャンペーンの日に足を運ぶでしょう。
必然的に、その次の日は客足が遠のきます。

キャンペーンの日は出勤人数も多いと思いますが、それ以上に来店するお客も多いのが普通なので、可能であれば出勤した方がいいです。

【5】地域のビッグイベントがある時

あまりない事ですが、たとえばサッカーのワールドカップが日本で開催されていた時、試合中はどのお店も開店休業状態で、すこぶる暇でした。

その地域で有名な祭りやスポーツ、男性の参加率が高いイベントなどが開催されている時間帯は、風俗店がヒマになる事があります。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?
業種や地域によって違いはありますが、風俗店の客入り具合は、だいたいこんな感じだと思います。
もしも「確実に混む時」で紹介されているような時期に暇だったのであれば、それはお店を変えた方がいいかもしれません。

ただ、当たり前の話ですが、ナンバー上位の嬢などは、季節・曜日・時間帯に一切関係なく、いつでも予約で埋まっています。
やはり大事なことは、新人時代や繁忙期にしっかりとフリー客や写真指名の客を捕まえて、本指名(リピート)にして戻すことだと思います。


★高額求人サイトランキングはコチラ